社長のメッセージ                                     

 
 
社長 (2)_edited_edited.jpg

代表取締役社長  渡辺一秀

当社は1980年に広島県神石郡三和町でプリント基板の実装メーカーとして発足し、お客様をはじめとする関係各位の強力なご支援を賜り創業40周年を迎えることが出来ました。2008年には京写グループの一員となり、従来の基板実装に回路設計・治具・基板を加えたことにより、モジュール実装基板、完成品の組込みまでお客様のより近くでトータルサポートが出来る総合実装基板企業となりました。これによりワン・ストップ・サービスを実現し、基板設計からの取り組みで実装効率の最大化・実装条件の最適化をお客様にご提供致します。当社は次世代の”ものづくり”を目指しています。次世代の”ものづくり”とは、「次世代の人財作り」と「次の新しい方法の製品作り」です。プロ集団としての人材を育成しつつ、常に新しいものづくりの方法を探究しています。精密実装はもとより、複雑で繊細な手作業も長年培った匠の技で対応出来るのが当社の強みです。“品質絶対”を念頭に、これからの日本を牽引出来るものづくりと夢ある商品創りに突き進み、お客様のご期待にお応えして参ります。これからの三和電子にご期待願います。

会社設立から40有余年が経ち時代の変化と共に歩んできた三和電子が現在あるのもお客様をはじめとしたステークホルダーの皆様のご尽力に因るものと心より感謝申し上げます。

2008年以降は京写グループ入りして従来の実装組立事業にプリント配線板事業、実装用・部品搬送用治具事業も加わり幅広くお客様に弊社製品をご提供できるようにもなりました。

然しながら昨今の事業環境は一昨年の新型コロナのパンデミックに端を発し今も尚、世界情勢からも決して楽観できる状態にはありませんが、今後もグループの経営方針であるESGを意識した技術革新、生産性の向上に取り組み、弊社が与えられた役割の中でSDGsの達成を目指して益々お客様をはじめとするステークホルダーの皆様からも期待され、愛される企業として邁進してまいりますので、引き続きのご支援を賜ります様、宜しくお願い申し上げます。